結婚準備のパートナーであるプランナー

パートナー

結婚式や披露宴を行なう時には、様々な準備が必要になります。そのパートナーとして頼りになる存在に、ウエディングプランナーという職種があります。これは、結婚式会場に勤務する方で、式の準備及び当日の式進行を管理するトータルコーディネイターとしての仕事をする方です。

具体的には、撮影用に専門の撮影業者を発注したり、式進行をしてくれる司会者を段取りしたり、披露宴会場の飾りつけをするために専門の業者を利用したりするなど、各種方面の専門業者への依頼を代行してくれます。また、式及びその他のことについて、カップルからの相談に乗ってくれます。

たいへん丁寧にかつ分かりやすく答えてくれるので、安心感を持って式の準備に臨むことができます。まさにパートナーとして、どんな事でもサポートしてもらうことができる、信頼感のある職種です。結婚式が終わってからも定期的に会っているというような方もいるほど、親密になるケースも多いです。

結婚関係の仕事 プランナーの先生

結婚関係の仕事でプランナーとして働きたいと考えている方も多くいるでしょう。そこでポイントとなるのが、1人前のプランナーとして独り立ちするために、どのような場で修業を積めばいいのかということです。1人前を目指すのであれば、先生となるような人材が近くにいるかどうかも大切なポイントです。

ウェディングプランナー

実際に結婚関係の仕事についたら、まずは先輩を先生だと思って、先輩の知識や技を真似するところから始めましょう。ですが真似だけではいけません。真似をしているだけだと、先輩よりも良いプランナーを目指すのは難しいのです。そこである程度結婚式のプランナーの仕事に慣れてきたら、真似をするだけではなく、自分なりのスタイルを確立していきましょう。自分なりのスタイルを確立していくことで、一人前の人材として結婚式をサポートしていくことにつながります。

またある程度働いていると、自分にも後輩ができます。後輩ができたら、後輩に自分の知識を伝えて、後輩育成にも力を入れることで、自分自身をレベルアップさせることにもつながります。

結婚プランナーとモデル

ウェディングプランナー

結婚式というのは、新郎新婦をみんなで祝福するための大切な儀式です。教会やチャペルなどで行われることが多く、たくさんのゲストを招待します。豪華な料理を用意してケーキカットなどもやるでしょう。そして、結婚式の段取りなどを計画したり、会場の準備を行う役目を担う仕事がウェディングプランナーです。

ウェディングプランナーになると、たくさんの人たちが幸せになって行く様子を目にすることができます。ウェディングドレスに身を包まれた綺麗な花嫁の姿を見る機会も多いです。そして、モデルとして活躍している人が結婚する場合においても、ウェディングプランナーに結婚式の準備を依頼することがあります。

そのため、ウェディングプランナーになるとモデルに会える機会もあるということです。モデルの場合には、一般の人が挙式をするときと比べて、かなり盛大な結婚式を挙げることが多いです。ゲストの人たちも多く招待して、たくさんの人たちで盛り上がります。

友人